新山駅

 この駅まで山形市内である。しかし完全に山間部にある駅のため利用客数は非常に少ない。仙急が2015年に発表した「特にご利用の少ない駅」に指定されており、停まる列車も毎時1本のワンマン普通に限られている。仙台方行列車はこの駅を通過すると笹谷峠トンネルに入る。

 駅構造は2面2線。以前は4両列車が停車していたためホームは4両分あるが現在はホーム中央部の2両分のみ使用している。当駅まで山形駅管区であり、管理駅は仙急山形駅である。

 簡易的な待合室がある駅舎が仙台方面行ホームに設置してある。改札はすべてIC専用化されておりCapitaチャージ機が改札内外に1台設置されている。なお乗車駅証明書発行機が設置されており切符の乗客はこれを発券しないと駅構内に入れない仕組みになっている。なお出る時は運転士が精算するため切符通路を何もせずに通過するのみである。