一番町駅

 特急を含む全列車が停車する駅。ターミナルである仙台中央駅の次駅にもかかわらず駅周辺が仙台でも1位2位を争う繁華街であること、再開発エリアが駅周辺にあること、東北大学のキャンパスの最寄り駅であることから終日利用客が多い。しかし以前までは1面2線の地下駅でありコンコースも狭いことから非常に混雑した駅となっていた。現在はコンコースの拡張工事及び駅ナカ開発が行われた。

 ホーム上も大変混雑しているため乗車位置が種別によって分けられており、ホーム床とホーム上は乗車位置案内でにぎやかになっている。

 

 一番町駅は「仙台統合駅」建設前のターミナル駅であり、地下化前は2面3線の地上駅であった。仙台中央駅まで延伸した際に地下化され現在のような駅構造になっている。