あこや町駅

 山形本線と蔵王線の分岐駅であり、山形大学の最寄り駅。2面4線で山形本線と蔵王線をさばく。蔵王線の始発駅であるが蔵王線の全列車が山形木の実町駅を始発・終着とするため始発駅として知っているのは仙急通だけである。

 前述の通り山形大学の最寄り駅であるとともに、当駅から分岐する蔵王線にも多くの学校があるため学生で賑わっている駅である。その為拠点駅ではないものの1階の改札エリアには定期券売り場があり、新年度となると大変混雑するのがこの駅である。

 駅は1階に改札口と駅員詰め所が、2階に2面4線のホームがある。コンコース内に小規模駅ナカを設置し、某人気カフェチェーン店は多くの地元学生が利用している。駅長配置駅である。