山形本線

 山形本線は仙台中央駅を基点に山形木の実町まで結ぶ路線だ。仙台~山形を結ぶ仙山間の基幹路線として機能している。全線複線であり、特急は仙山間を40分で結ぶ。そのため仙台~山形で並走するJR仙山線に本数的・所要時間的にこちらの方が有利な状況にあり、仙山間の交通機関では仙急線を利用する割合が高いとされている。事実山形本線は仙急線のドル箱路線として機能しており、亀ヶ森~仙台中央については特急や快急を中心に多くの列車が早朝から深夜まで多くの列車が運行されている。また亀ケ森~長町南の沿線は仙台のベッドタウンとして機能しており、おおよそ10分間隔で各停が運行されている。また一部の各停と急行が秋保線に直通しており、温泉地へのアクセス路線としても機能している。

 その一方で亀ヶ森~山形県庁は山間部を走行する。特急系電車はおおよそ20分間隔で運行されているものの、中間駅については利用客数が著しく少ない。そのためワンマンによる普通列車が30分間隔で運行されている。今後さらなる減便が予告されており、将来的には一部駅の廃止が検討されているようだ。