女川線

 全線が2015年に開業した仙急で最も新しい路線である。しかし実態はJRから石巻~女川を移管したためである。これは長年仙急特急の女川直通を要望していた県及び女川町の強い意向であり、仙急・JRを含めた四者協議の結果仙急線に移管されることになった。これに伴い当区間は改軌・電化工事と駅舎復旧・改築工事、ホームかさ上げ・延長工事などが行われた。2015年3月の仙急線全線復旧のタイミングで女川線は開業、運行を開始した。当路線はJRからの移管路線という性質上一部のJR発行の一部切符が当路線のみ利用できる。

 基本は毎時1本仙石本線直通の特急が運行されている。また朝夕の時間帯に女川線直通の快急が設定されているほか臨時特急が女川まで運行を行うようになった。全列車仙石本線に直通するため女川線内のみの列車は定期列車では存在しない。女川線沿線で大規模イベントがある場合は線内折り返しの普通列車が運行される。臨時列車はワンマン運行が基本だが、まれにツーマン運行を行うケースがある。なお定期列車は全列車ツーマン運転で運行する。

 全線単線であり、仙急石巻駅・渡波・女川で列車の行き違いを行う。臨時特急を含むすべての列車が各駅に停まる特殊な路線である。

 

 利用状況についてはJR線時代に比べ全列車が仙台に直通するようになった事に加え毎時1本運行するようになったことから利用客から高い評価を受けている。しかし沿線の人口流出が復旧前に相次いでしまったため仙急と沿線自治体・県では地元利用客及び観光客による利用促進策を行っているのが現状である。その一環として駅にコンビニを併設し、駅の利便性向上を行っている。女川線は無人駅が多いのもあり、コンビニによる一部駅業務が行われている。