多賀城駅

 仙石本線最初の特急系停車駅。(仙急としては)多賀城市の中心駅である。当駅は仙石本線と仙台臨海線が発着しており、仙台臨海線は全列車が当駅始発のワンマン2両で運行されている。利用客が多く、朝ラッシュは仙台へ通勤・通学する客と仙台港及び駅周辺の工場に出勤する通勤客で上下線のホームともに混雑する。

 3面5線の高架駅であり2013年に高架駅化された。高架化をきっかけに駅ナカが整備され駅の魅力向上が図られている。臨時特急を除く全列車が停車する。

 福田町駅~浜田駅まで多賀城駅管区になっており、当駅は駅長と多賀城駅管区長が配置されている拠点駅である。なお2013年まで西塩釜駅~浜田駅は塩釜中央駅管区であったが当駅の高架化が完了し駅業務機能の強化が行われたため塩釜中央駅管区を廃止し、多賀城駅管区に統合された。