多賀城八幡駅

 国道46線と交差する地点に駅が設置されている。駅周辺にはロードサイドタイプの商業施設や住宅地が広がっているためデータイム時でもそこそこ利用客がいる。また仙石本線の多賀城駅や中野栄駅の中間地点に当駅があることから仙石本線へ向かう通勤客が当駅を利用する。

 1面2線の高架駅であり、無人駅である。改札口は国道46号に接する形で設けられている。IC対応の改札口が設けられており、多賀城駅による遠隔操作を受けている。