路線について

橙:特急  茶色:快速急行  紺:快速  赤:急行  黒:各駅停車

ピンク 蔵王快速

 

 

 仙台急行電鉄(以下仙急)は山形木の実町~仙台中央の山形本線、仙台中央~石巻大手町の仙石本線の2つの本線がベースだ。

 山形本線は上記の通り山形都心部の山形木の実町から奥羽山脈をトンネルで走り抜き、仙台都心部の仙台中央まで結ぶ。仙台~山形のインターアーバンとしての性質が強く、また開業時に難工事となったものの全線複線で開業したこともあり、特急系列車が20分間隔で両都市間を走る。JRと違い全線複線のためJRに対してアドバンテージを保有している。そのため特急系列車は日中も混雑しているのが現状だ。一方で亀ケ森から山形都心部までは山間部を走るためワンマン列車の各駅停車が走っているのが現状である。特に利用客の少ない駅についてはその列車についても通過する。

 一方仙台中央から松島を経由し石巻都心部まで走り抜けるのは仙石本線だ。こちらは郊外電車の性質が強く、仙台都心部を出発すると特急列車は多賀城。塩釜中央、松島と細かく停車する。仙台都心部と多賀城、塩釜、矢本、石巻の各都市間の需要とともに松島への観光需要へ対応する。また特急の停まらない駅についても急行電車が停まり多くの駅で仙台都心部への速達性が確保されている。特に仙台中央~松島では石巻方面行は仙台中央で、仙台方面行は松島で10分間隔で出発し混雑の分散を図っている。

 またこの路線図上には2路線存在し、亀ケ森から秋保温泉に延びる秋保線、震災後女川周辺の復興促進という名目でJRから運行を引き継いだ女川線の2路線だ。秋保線は急行電車と各駅停車がそれぞれ3本ずつ運行されている。この支線は秋保温泉へ向かう行楽客が主に利用され、土日や休日となると多くの観光客でにぎわう路線だ。一方の女川線はJRから運行を引き継いだ新しい支線だ。毎時1本の特急電車が女川まで運行している。全線単線であり、渡波で行き違いを行う。